TEL
03-3669-8004
営業時間:11:00~13:30/17:00~22:30
定休日:土曜日・日曜日・祝日

食材へのこだわり

  • HOME
  • 食材へのこだわり
茅場町 菊寿司の素材

茅場町 菊寿司の素材

毎日店主が熟練の目利きで築地から新鮮な旬のネタを仕入れています。
新鮮で美しい魚のネタケースが自慢です。
鮮度を保つ為に、ケースに氷を敷き、冷やすことで乾燥を避け、素材自体のみずみずしさを保っています。

ネタケース

ネタケース

当店自慢のネタケース。店主自ら、毎日築地に仕入れに行っています。経験豊富な寿司職人の熟練の目利きで仕入れたネタをお愉しみください。

鮪(まぐろ)

鮪(まぐろ)

当店の鮪は、仕入れを行ってから数日間熟成させ、食べごろを見極め、一番美味しいタイミングでのご提供となります。口に入れた瞬間に溶けて無くなってしまうような上質な脂身の旨味を是非ご堪能ください。

鯖(さば)

鯖(さば)

日本近海で取れた鯖を、お酢では無く「塩」で〆るのが当店のこだわりです。その後、丁寧に水で洗いお酢に漬けます。ほのかに広がるお酢の上質な酸味をお愉しみください。

イカ

イカ

イカはタコと並ぶ軟体多足の魚介類として知られています。光り輝くような、目にも鮮やかなその白身は口の中に入れると、さっぱりシコシコとした歯ごたえとじんわりと染み出てくる旨味が口の中で踊りだします。イカの身をギュッギュッと噛み締めて酢飯と共にごくりと飲み込む爽快感は、他の寿司ネタでは味わえないものです。

エビ

エビ

日本人の大好きなエビ。世界中のエビが日本に集まるとさえ言われるほど日本人に愛されている食材です。もちろん寿司ネタとしても大人気で、お寿司屋さんに行ったら一回はエビを注文しないと気がすまないという人も多いのではないでしょうか?菊寿司で上質な酸味をお愉しみください。

アジ

アジ

アジというと干物のイメージが強い気もするのですが、これも立派な寿司ダネになります。特に菊寿司では新鮮なアジを提供しておりますので、一度食べたら忘れられない味です。

タイ

タイ

タイは昔から「めでタイ」という語呂合わせで慶事の際の食卓に並べられる魚として珍重されてきました。寿司のネタとしても、タイは白身魚の王様と言うべき味わいを持っているのです。菊寿司のタイはまろやかで奥深い味わいがあります。

たまご

たまご

この美味しさで寿司屋の美味しさが決まる、と言われるほど大事な要素を持つ玉子焼き。菊寿司でしか味わえない逸品です。

かんぴょう巻

かんぴょう巻

絶妙な甘さと辛さがいいかんぴょう巻き。菊寿司ではかんぴょう巻きも人気です。

こはだ

こはだ

コハダは、酢と塩で締めることで、えもいわれぬ旨味を引き出すことができる。いわば酢と塩の絶妙な塩梅を楽しむ魚なんです。また酢飯のふくよかな甘みと非常に相性がいい。職人の仕事によってあれほど独特の旨味を引き出すことができる魚は他にはありません。菊寿司のこはだは、長年使い込まれたまろやかな酢で、コハダの濃厚な旨みが引き出されています。

赤貝

赤貝

赤貝は、お寿司屋さんが「相場が高い日にも見栄で仕入れる」という王道の寿司ネタです。菊寿司では貝類も新鮮な状態で味わえるおすすめの逸品です。

あなご

あなご

いろんなお客様に人気のあなご寿司。姿形はうなぎに似ているが、その身は脂っこくなく、淡泊でありながら旨味に満ちており、手間のかかる工程に見合うだけのすばらしさがあります。

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせ・ご予約はこちら

真面目で几帳面、誠実な仕事ぶりで、創業六十余年。
誰からも愛される使い勝手のいい寿司屋を目指しています。

接待やご宴会、同窓会などのご利用もお気軽にご相談ください。

WEBからの予約は予約日の3日前まで承ります。
それ以降については、直接お電話にて予約をお願いいたします。

〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町17-1
TEL:03-3669-8004
営業時間:11:00~13:30/17:00~22:30
定休日:土曜日・日曜日・祝日